空嘘とAurora

基本的に趣味と現実逃避ばかり。時々小説書いてます。

タグ:Ib

 天鵞絨張りの廊下を延々と歩いてゆく。 薄暗い画廊は直ぐそこに化け物達が息を潜めているような気がして、ふと目を遣ってしまった薄暗闇に後悔しては足を速める。 本来ならこういった類のものは苦手なのだ。仕掛けが見え見えの三文ホラー映画でさえ悲鳴を上げてしまうの …

このページのトップヘ