キーボードから手を離した私に向けられたのは、携帯端末の冷ややかな眼だった。 理由は分かりすぎるほど分かっている。そのうちの一つは今書き上がったひとつの結末で、もう一つは私の耳につなげられているイヤホンが原因している。 それでも、利口な携帯端末は決して口 ...