空嘘とAurora

基本的に趣味と現実逃避。時々小説。

タグ:自動筆記

名前とは、定められてしまった運命と同じもので、その『名前』を与えられた瞬間、そのものは『それ』以外のものにはなれなくなる。逃れられなくなる。たとえ目隠しした中でさえ、創造の糊代は自由だったはずなのに、その穏やかな色が『青』と名付けられた瞬間に、その色は『 …

↑このページのトップヘ