夕立の 泡立つ風の 灰色の 其処に埋もれた 淡い想いを 夢見草 散らすちらつく 横顔に 思い出されし 過去の約束 したためた 万年筆の 足跡は あの日のままに 色褪せぬまま ...