空嘘とAurora

基本的に趣味と現実逃避ばかり。時々小説書いてます。

タグ:小説

 夜の到来は一瞬のことで、人で溢れる下町通りも今は暗い帳に覆われている。  いや、城下だったのはほんの数年前までのこと。商人や職人の活気であふれていた道は、今や真新しい建物が並んでいた。  褐色の煉瓦敷き、両側に並ぶ目映い瓦斯灯。夜を厭うはずの風習は僅か …

このページのトップヘ