日差しの融けた黒髪盗み見た横顔刹那、その微笑みが眩しくて閉じた目蓋のうらそれでもちらちらと光る不意打ちの呼び名意地悪な優しい声コンクリートの上の足音と揃ったハミングだって鼓動さえ届いてしまいそうで遠く雨の気配掠めていく風の秋色の香り懐かしい初めてにも似た ...