一人きりのフロアに、ふと電子音が鳴り響く。 それが白城のデスクの上の黒電話だと気が付いて、悠花は慌てて彼の机に駆け寄った。間延びしたコール音が5回目を終える前に受話器を上げれば、聞きなれた声が少女の脳へと届いた。「はい。第七テナントビル、事務所です」『 ...