空嘘とAurora

基本的に趣味と現実逃避。時々小説。

タグ:おじさんと少女

 とりとめもない会話をのろのろと続けているうちに、ついに悠花からの相槌がなくなった。 呼びかける代わりに、掛布団の合間を覗いてみる。そうすると横向きに枕に埋もれている小さな顔がそこにあって、繊細な二重の瞼は今、静かにその両目を閉ざしていた。 あんなに、眠 …

↑このページのトップヘ