空嘘とAurora

基本的に趣味と現実逃避。時々小説。

カテゴリ:空嘘物書の書斎 > 目次、後書、奥付

 視界が霞んで、やけに頭が痛かった。 目眩というやつかもしれない。乗り物酔いにも似た吐き気と浮遊感。無理に身体を起こして、辺りを見渡す。セミダブルくらいのベッドの上、嵌め殺しの窓に、ボックスつきのカーテン。まるでどこかのホテルの一室だ。サイドテーブルに黒 …

↑このページのトップヘ