空嘘とAurora

基本的に趣味と現実逃避。時々小説。

カテゴリ: 空嘘物書の書斎

「お帰りなさいませ。本日もお疲れ様でございました」 馬車を下りれば使用人の出迎えがある。 丁寧に会釈をする様子へ頷き、家主は石畳から扉までを歩いた。刻限通りの帰着、仕事の進み具合も恙なく予定通りだった。路地風に乗って何処からか歌声が聞こえてくる。まだ若さ …

↑このページのトップヘ