空嘘とAurora

基本的に趣味と現実逃避。時々小説。

カテゴリ:空嘘物書の書斎 > 十色ノ言ノ葉

頬の冷たい午後、いつものようにヘッドフォンで両耳を塞いで ひっきりなしで駆け込んでくる電車を2つ見送って、一番端の席に体を預けた 「間に合った」 結局雑音越しにもその得意げな声は聞こえて、 見上げればやっぱり肩を上下させながら満面の笑みが待っている …

↑このページのトップヘ