6月です。
春の終わりはもうすぐそこ。なれば私は見納めに。
困ったときの日帰りです。
今回はとりあえずアーティストバージが近いバケパ席の裏で見よう。
バケパ席そのものよりは落ち着いて見れるはずだ。
二回目、三回目はそのあとに考えよう。

しかも今回からですね。
コンデジを導入しまして。
コンパクトデジタルカメラ。
コンデジって辺りが自分の力をわきまえてていいでしょ。

ああ、これはよい…スマホより自分の目よりよく見えるぞ


生き生き動く仕草、くるくる変わる表情までよく分かります。
ただしオーシャンは尋常じゃないジャンプ力と俊敏さでデジカメの処理速度では間近に来られてはとらえきれないのですが。
とにかく元気でポップでエンターテイナーでした。見てると元気を貰えます。
アンダーザシーではイルカ説を推していきたい。
DSC00101 それにね、2015のイースターを知っていると、ファッションアーティスト4人が仲良く同じ船で出てきて賑やかになっている様子を見るだけで泣きそうになる。
しかも前回と逆で、一人ずつの船に分かれて帰っていくの。
また会うことを約束して。
DSC00131













DSC00133













こちらはザンビーニレストラン前のステージから。
貧乏性なので大勢写したくなってしまう。
各テーマの衣装を身にまとったモデルさんたちが華やか。
DSC00097

また言い合いになってしまった4人を見守るみんなの背中。
DSC00158
DSC00166


























DSC00173
今年の衣装のデザインも素敵だなぁ。
曲ともども今回はたっぷりイースター要素が盛り込まれていていうことなしです。

華やかなファッションショー。
盛り上がって賑わって、笑い合って、認め合って。

けれど少しずつ、終わりが近づいてくる。