2014年12月××日

沈みに沈んで息が出来なくなりそうだったので、重石を放り出してみる

手放してみればなんだ結構、思い込みだったりする

本当は片手で持てるような、でも結局、ずっと片手で持っていると重くなるものなんです

浮上するために来年にひとつ(とりあえずひとつ)、自分で浮き輪を投げておく

そこまで泳げば休憩できる。息がつければ視界が開ける

去年の今頃と比べてみる なくなったものもある、手にいれたものもある

でも結局、全部を持っては歩けなかったりする

だから、悪いものも、未練のあるものも、全部2014年に置いていく



2015年1月×日

 - -