空嘘とAurora

基本的に趣味と現実逃避。時々小説。

忙しない現実で溺れてしまわないように、ときどき顔を出して息継ぎをする

季節の巡りに心が騒いで
いつのまにか秋の始まり!

地球儀が回る蒼く朱く、誰かの手によって磨かれてきた大きな希望旅路は長く険しく、それでいて眩しく温かいものだった宿命は重く頑なで、それでも少女は総てを抱き止めた覚悟はしていたからと彼女は言ったけれど知っている、覚悟があったからといってすぐに受け入れられるも …

↑このページのトップヘ